So-net無料ブログ作成

西アフリカの人たちを支援する会のチャリティポスカ、なかなかカワイイ。 [アフリカ]

今年初めての更新でした。さぼってますねー。
年末年始のシーズンにチャリティポスカは一気に出してしまうので
また在庫を仕入れなければという感じです。

今日出すのは、「SUPA 西アフリカの人たちを支援する会」
http://www.npo-supa.com/
というところが出しているチャリティーポストカードです。
アフリカなイラストがなかなかかわいいですね。
HPから購入方法が書いてあります。
6枚1セットで500円なり。
送料は1セットなら100円なので、ま、そんなに高くないです。

sapa0001.JPG
sapa0001_2.JPG
sapa0001_3.JPG
sapa0001_4.JPG
sapa0001_5.JPG

この団体の活動のほうは、
西アフリカへの植林支援と、マラリアを防ぐ蚊帳の寄付などのようです。
カレンダーが人気みたいで、2012年分は売り切れ。
ブログ更新もあるので、活動は継続しているみたい。
ただ報告はちょっと少ないよなぁ。もうちょっと頑張って欲しいかも。

あけましてチャリティーポストカードでおめでとう [子どもたちを助ける]

あけましておめでとうございます。
今年はもうちょっとこまめなアップを心がけるべく
新年の目標を掲げちゃってみたりして。
どうぞよろしくお願いいたします。

さて今年1枚目のチャリティーポストカードは
おなじみのユニセフから。
ここはクリスマスカードだけじゃなく、ちゃんと年賀もあります。
そしてデザインは日比野克彦さん。タイトルは「TORA」。
よく見ると絵の中にhappy new yearの文字が隠れているという趣向です。

3449181

干支の記念切手を貼って、特別な消印を押してもらって
マキシマムカードにしちゃったのは私の仕業ですが。
切手女子なので、やることはオタクです...。

このハガキはいつものユニセフサイトで購入できます。
https://www2.unicef.or.jp/jcuApp/servlet/card.C1Card?category=8

年賀状にもぴったり! 目出度いタンチョウツルのチャリティーカード [動物を助ける]

日本野鳥の会というと、どうも紅白歌合戦のエンディングで
紅白の旗の数を数える人たちというイメージなんだけど、
本当はなかなか素敵な活動をしています。

たとえば北海道でタンチョウツルの生息地である湿地を買い取ったり
保護活動をしたり。
北海道阿寒郡鶴居村字中雪裡南には
鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ ネイチャーセンター
というところがあって、タンチョウウオッチングができます。
なかなか現地にはいけないけど、
ここではチャリティーポストカードを販売しているので、
こんな写真で気分を味わうのもいいなぁ。
コニカミノルタ・タンチョウチャリティポストカードといいます。
1セット1000円で寄付をしつつ、カードもゲットできちゃう。
去年、年賀状に利用したら大好評でした。

3377162

3377163

3377164

3377165

3377166

3377167

3377186

3377187

3377188

3377189

おー、キレイ!!
去年からはタンチョウツルのフレーム切手も出しているので、
凝り性なら両方ゲットして、完璧なお手紙が出せるなぁ。

ノーベル平和賞を受賞した元フィンランド大統領のポストカード [Finland]

 今、一番好きなサイトpostcrossingのオフィシャルフォーラムの中には、いくつかチャリティー・ポストカード関連のtagがあって、世界のみんなと送りっこをして遊んでいます。

 で、今日はその中からフィンランドの1枚を。
2969666

 この方は2008年のノーベル平和賞を受賞した元フィンランド大統領のマルッティ・アハティサーリ(Martti Ahtisaari)さん。御年71歳。

 もっとも大きな功績というのが、約30年間続いた紛争で1万5000人の犠牲者を出したインドネシア政府と独立派武装組織「自由アチェ運動(Free Aceh Movement、GAM)」間の戦闘を終結させ、2005年の和平合意をまとめたことだとか。

 フィンランドでは、平和賞受賞を記念した切手も発行されているほど。国民はみんな彼を誇りに思い、受賞を喜んでいるそうです。こういう人が首相経験者だもんねー。本当に羨ましいです。

西サハラの住人だった、サハラウイの人たち [アフリカ]

 毎年、外務省後援で開催している「アフリカンフェスティバル」というイベントがあります。アフリカについて考えようというフェスで、いろんな音楽とかお土産ものとか食べ物とかがあって楽しいお祭りなんですけど、ここでいろんなチャリティー・ポストカードをゲットできるんです。私のようなオタクな方はつい買い占めてしまう。

 今日、アップするのは去年の「アフリカンフェスティバルよこはま」で購入したもの。イタリアに住んでいる日本人カメラマン・水尻伸子さんという方の作品をポスカにしてあります。とてもいいカードだなと思って手にとって、中の説明文を読んで驚きました。彼らは西サハラにかつて住んでいたサハラウイという民族です。1975年に旧宗主国だったスペインが撤退し、そのかわりにやってきたモロッコ軍に追われ、アルジェリア領内のハンマーダという過酷な砂漠地帯に逃げたそうです。そのキャンプで撮られたのがこの写真。

 今はガザの戦争で世界は大騒ぎだけど、ここにもこんな難民が100万人もいるそうです。

2384660

2384658

2384659

2384661

2384662

ユニセフのクリスマス・カード、かわいい。 [子どもたちを助ける]

 さてポストカードに続いて、ユニセフの二つ折りクリスマス・カードをアップします。これは10枚セットで発売。いつもながら定型なのは良いね。絵柄もかわいくって。カナダでプリントされたものみたい。せっかくのクリスマス、自分たちだけでなくチャリティーをプラスして、世界の子どもたちと一緒にBe Happyね。
 お買い物したい方は、ここへ
 って、今、サイトを確認したら、私が買ったカードがリストになかった。びっくり。もう売り切れ? 他にもかわいいのはいろいろあるけど、やっぱりコレは人気だったのかな。

2384667

ユニセフの今年のクリスマス・ポストカード [子どもたちを助ける]

 今年、なんと292枚もポストカードやら、普通の手紙やらを書いた私。そんなわけで当然、たくさんのポスカを購入するわけですが、同じ買うならせめてチャリティーを意識したいなぁと思い、去年あたりからぼつぼつとチャリティー・ポストカードを集めるようになりました。

 探してみると、なかなかかわいいものやら、考えさせられるものやらいろいろあって、ぜひみんなにもこの世界を楽しんでもらいたくてブログを始めました。

 よかったら、見てやってください。

 初回の今日は、大手文具店などでも時々みかけるユニセフのポストカードです。毎年、クリスマスの時期にまとめて買うんですけど、今年はなかなかかわいい絵柄。

unisef'080001_5.JPG

unisef'080001_4.JPG

unisef'080001_3.JPG

unisef'080001_2.JPG

unisef'080001.JPG

 値段は5柄各2枚の10枚セットで1000円。1枚100円だから、そんなに高くないかな。普通に買うと、1枚158円が相場なので。

 さて、ここでポストカードを買って、どれだけのチャリティーができるかなのですが、日本ユニセフ協会の活動報告をしげしげと読んでみました。グリーティングカードの収益は2007年度で10億6749万594円也。おー、意外と売っているんだなと感心、感心。ここのサイトでショッピングすると、次からじゃんじゃんダイレクトメールが来るのにはちょいと閉口するんですが。

 同協会は一般の募金とグリーティングカード収益の80.8%をユニセフ本部に拠出して、残りの19.2%は日本国内の募金活動費、啓発宣伝費、管理費 等の事業経費や緊急支援時のための積立金等に充てたとのこと。ものすごく大雑把に言うと、100円のカードなら80円が寄付で、20円が経費ということね。 まぁ、こんなもんかなぁと今年も納得している私です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。